本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2014年8月 天本 啓介

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2014年8月 天本 啓介

k_amamoto.jpg

  佐賀大学とのたすき掛けで、2年目を好生館で研修させて頂いています。救急科2ヶ月、麻酔科1ヶ月、形成外科1ヶ月ののち、現在肥前精神医療センターにて精神科研修をしています。まだ実質4ヶ月程度しか研修していませんが、好生館の研修体験記ということで私は大学で経験できなかった総合当直について書きたいと思います。
  好生館では月に4,5回の頻度で総合当直に入り、時間外に来られる患者さん(救急車以外)の初期診療を行います。少し上の先輩Drと2人でタッグを組んで臨みます。患者さんは佐賀市~佐賀市近郊中から来られますので、特に17時~23時の準夜帯は休む間もカルテを作成する暇もないことがしばしばです。必死になって限られた時間で身体所見から鑑別診断をあげ必要な検査を行います。総合当直では「緊急疾患を見落とさないこと」がメインテーマの一つなので責任重大であり、診断や検査・画像所見など本気で悩むこともしばしばです。もちろん本当に困ったときは管理当直Drや救急部Drに相談できます。ほかにも電話受けから診察の進め方、患者さんへの説明の仕方、各診療科当直へのコンサルトの仕方、トリアージナースらスタッフとの協力など、診断治療以外の外来スキルも先輩Drに教えてもらいながら・実践しながら覚えていきます。
  担当時間が終わるとどっと疲れがきますが、必死になって考え、勉強した分、学んだ成長した(?)達成感があります。忙しい中にも患者さんからの「ありがとう」の言葉で疲れが吹き飛ぶこともあります。
  また好生館は教育熱心な先生方が多く、研修医教育も充実しています。総合当直に関していえば研修医勉強会は興味深いです。月2-3回開催して頂いているもので、2年目研修医がこれまで救急外来や総合当直で経験した症例やそこで役立つ症候学・鑑別診断について発表したり、当院放射線科や小児科などのDrが研修医向けに講義をして頂いたりするものです。総合当直で同じように苦戦している研修医からの視点で解説してくれますし、Drの講義も実用的・実践的で非常に勉強になり、次の当直でのツールになります。
  総合当直一つにつけても、たすき掛け1年間だけでもここで研修する価値ありと思う今日この頃です。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想