本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2014年9月 井手 真亜子

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2014年9月 井手 真亜子

ide_maako.jpg

 佐賀大学とのたすきがけで、1年目を好生館で研修させて頂いています。脳神経内科、呼吸器内科、救急部での研修を終え、執筆現在は形成外科をローテート中です。

  好生館での研修の魅力として、まず、総合当直という制度があります。詳しい内容は他のページに譲りますが、とにかく、時間外のウォークインの患者さんをすべて診察するという制度です。いわゆる風邪や整形疾患などのcommon diseaseから、まさに「歩いて来る」脳卒中、心筋梗塞などのcritical diseaseまで、対応する疾患はさまざまです。病棟の研修では意外とcommon diseaseの診療にあたる機会は少ないため、総合当直での経験は非常に貴重なものになると思います。また、その中からcritical diseaseを見つけ出し、「自分で」診断をつける経験も一般の病棟研修では得難い経験ではないかな、と思います。実際に私も、軽微な症状の脳卒中を診断出来たときは、医師としてのやりがいを感じました。

  また、私が好生館で研修していて感じる魅力は、常にいろいろな科の先生に指導して頂けることです。例えば、脳神経内科で研修を行っていた時も、関連する脳血管内科・脳神経外科・リハビリテーション科の先生方に多くのことを指導して頂き、時間が許せば慢性硬膜下血腫の手術に入ったり喉頭ファイバーなどの手技を行わせてもらえたりなど、多くの経験が出来ました。また、総合当直や救急部での研修のときも、コンサルトした各科の先生に多くのご指導を頂くことが出来ました。研修を始めて半年になりますが、気付けばほとんどの診療科の先生方と顔見知りになっているような気がします。

  初期研修の2年間は、3年目以降の専門科に関わらず、総合的な力を身につける2年間だと考えています。佐賀の暖かい患者さん達と穏やかな風土、そして熱意ある同期と先輩方に囲まれて、それが実現出来る好生館は、私にとって理想の研修病院だと感じています。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想