本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2015年6月 内川 和也

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2015年6月 内川 和也

kazuya_uchida.jpg みなさんこんにちは、研修医2年目の内川和也と申します。今回、研修体験記を書かせていただくにあたり、既に先輩方や同期が素晴らしい体験記を書いていらっしゃるので、基幹型(2年間とも好生館での研修)2年目として、今まで自分がどのような研修を送っていたかについて、簡単にお伝えしたいと思います。

 まず、1年目の4月から3ヶ月間、救命救急センター、ERを廻りました。3月終わりに事前に見学に行き、同期と点滴や採血の練習をしたことを覚えています。何も分からないまま救急車対応など行い、自分でも今思い返せば恥ずかしくなるような失敗を繰り返しながら徐々に慣れていきました。

 救急での3ヶ月が終了した後、一般病棟での研修が始まったのですが、そこでも救命救急センターとのルールの違い等に戸惑いながらも、多くの方に助けてもらいながら何とかがんばっていきました。


 1年目の研修では、内科を1ヶ月毎に6科ローテートしなければならず、慌ただしくなりますが、色々な科を経験できたことは、将来どこに進むか決めかねていた自分にとっては結果的に良かったと思います。多くの科を廻れれば、3ヶ月同じ科を廻るより深くは学べないかもしれませんが、たくさんの先生と関わることができ、また最低限知らなければならないことや、他科へコンサルトするコツをつかむことが出来るかなと思います。 

 仕事にも病棟にも慣れない研修医という立場でいろいろな経験をしましたが、common diseaseを中心とした様々な症例を経験でき、たくさんの手術にも入らせていただきました。
 廻る科にもよると思いますが、好生館では研修する上で充分な症例があると思います。先生方も熱心に教えてくださる方がほとんどで、また、ひとつの科に廻る研修医も1~2人と少数のため、大学とはひと味違った研修ができるのではないかと思います。

 総合当直などありますが、体力的にあまりにきつい…ということは少なく、むしろ看護師さんよりたくさん寝ているように思います。

 研修医同士も仲良く、よく飲みにいきます(明日のことは考えて飲みます)。コメディカルの方も皆優しく、とても過ごしやすい病院です。 

 研修病院について悩んでいる方がいらっしゃれば、是非一度、見学に来られてみてはいかがでしょうか(まとまりのない文章ですみません!)。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想