本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2017年2月 竹下 光英

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2017年2月 竹下 光英

takesita_mituhide.JPG

 こんにちは。研修医2年目の竹下 光英です。私は自治医科大学出身で、1年目は佐賀大学、2年目は好生館で初期研修を行っています。自治医科大学出身であるため、マッチングはなく、佐賀県庁から指定されたこのプログラムで研修することとなりました。

 大学はカンファレンスを中心に学問を学ぶ機会が多く、一方好生館では、より多くの患者と向き合い実践力をつけた研修だった気がします。

 好生館は各科での受け持ち患者数が非常に多く、総合当直での診療は自身の臨床能力が露呈する実践そのものでした。また、学問的な教育は少ないかというと、決してそうではありません。

 好生館では上級医との距離が近く、悩んだ時はいつでも相談することができフィードバックが早かったので、そこでの耳学問は特に力になったと思います。医師に限らずコメディカルとの関係も築きやすく、エコーなど手技的な指導を個人的に依頼したこともありました。

 好生館に勤務される医師は、好生館就職の先生、佐賀大学医局や九州大学医局から派遣された先生など様々であり、多方面から色々な話しを聞けたことは自身の将来像を考える上で大変参考になり良かったと思います。

 2年の初期研修はあっという間で、特に好生館では1ヶ月で診療科を替わることが多いです。そのため、ぼーっとしていると成長を実感できずに終わることもありました。初期研修2年間での働く姿勢が、医師としての土台になると上級医から言われていたことを思い出します。

 振り返れば、もっと頑張れば良かったと思いますし、やり残したことはたくさんあります。
 これから好生館で研修が始まる皆さんには高い志があると思います。好生館の環境は素晴らしいですし、共に頑張れる楽しい仲間もたくさんできると思います。私も来年度から新たなスタートをきるつもりで頑張りたいと思います。

 皆さんにとっても充実した研修になることを願っております。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想