本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2017年8月 中原 達秀

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2017年8月 中原 達秀

201708_nakahara.JPG

 こんにちは、研修医2年目の中原 達秀です。私は、好生館を基幹型臨床研修病院に選択し2年間のローテートを行っております。

 私は出身地が宮崎で、出身大学が佐賀大学ということで、研修先を考える際に宮崎に帰るか佐賀に残るかで、とても悩みました。しかし実際に好生館での実習を経験し先輩方の研修している姿を見て、「宮崎か佐賀か」ということを抜きにして、「この病院で研修生活を送りたい」と考えるようになり、現在に至っております。

 私がこの病院での研修を選択した大きな理由は、2つあります。

 1つ目は、総合当直を経験できるということです。
 好生館の総合当直は「屋根瓦形式」という、2年目以上の上級医と2人組で時間外外来を経験することができます。教科書的に知っている疾患でも、実際に外来で診るのと診ないのとでは、雲泥の差があります。実際に外来をしてみるとわかりますが、問診や臨床所見から何を鑑別にあげ検査をオーダーするのか、何を処方するのか、その後のフォローをどうするのか等、わからないことが数多くあります。最初はできないことだらけですが、上級医の方と1対1で話し合いながら経験を積みながら、学び実践することで自分のできることの「幅」が増えていくのを実感できます。
 2年目になれば、自分が後輩に指導しながら診療を行うという経験をすることもできます。自ら検査・治療を行わなければならないので、ローテート中の各科でも常に学ぼうという姿勢が身につき、とても有意義な研修ができています。

 2つ目の理由は、研修棟に研修医医局があることです。
 医局には自分専用のPC(電子カルテ端末)が設置してあり、日常業務や当直等でどんなに疲れていても、落ち着いてカルテ業務を行うことができます。
 また、同期たちと同じ空間で過ごし、まじめに症例について語り合うこともあれば、時には打ち解けた話をしてみたりしつつ「研修仲間」と楽しい研修をすることができます。私はサッカーが好きで、研修医でフットサルチーム「FCラシックス」を結成し大会で優勝するなど休みも充実して過ごしています!是非、好生館で研修をスタートし、チームにも参加してください。

 初期臨床研修も残り8ヶ月となりましたが、好生館を選択したことを1度も後悔したことはありません。医師のスタートをきる上ですばらしい環境、先生方、仲間があなたを待っています。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想