本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2005年8月 田中 智和

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2005年8月 田中 智和

臨床研修医 田中智和

医師として働きだしてもうすぐ4ヶ月が経ちますが、当然ながらまだまだ分からない事だらけで、日々勉強と反省の毎日です。現在私は外科で研修中なので、好生館の外科での研修について話したいと思います。好生館の外科は消化管・肺・肝胆膵・小児外科の4つのグループに分かれています。それぞれのグループは専門性を持ちながらも、外科的疾患であればグループを越えて診療を行う幅広さもあります。

現在私は消化管グループにいますが、患者さんの数は常時40人前後であり、とにかく忙しい日々を送っています。しかし忙しさの中で学ぶものは非常に多く、充実しています。ここでの研修はまさに実践です。多くの手技をする機会にも恵まれ、また先生方にも指導して頂いています。1つずつ手技ができるようになる度に達成感を感じますが、それと同時に患者さんに対する大きな責任も感じています。外科では手術はもちろん学ぶべき大きなポイントですが、術前にきちんとリスク評価しておくことや手術適応を考えること、術後の創部(ドレーン含め)・輸液・栄養などの管理も非常に大事だということを痛感しています。また手術だけでなく、抗癌剤治療も多く行われており、抗癌剤による副作用(骨髄抑制など)には常に注意しておかなくてはいけません。そういう意味では、広い範囲にアンテナを張っていなければならないので大変ですが、患者さんにとっては、たった一人の医師です。一人一人の患者さんに変わらず精一杯の医療ができるように心がけています。

なかなかじっくり本や文献を読む暇はありませんが、積極的に聞き学問、体験学問をしながら、勉強する時間を作っていきたいと思っています。日々患者さんの笑顔に励まされ、また訴えに学ばせて頂いています。患者さんとともに病に立ち向かっていく、そんな医師でありたいと思います。患者さんに"ありがとうございました"と言われることの意味の重さを忘れずに日々頑張っていきたいと思います。

最後に当館にて研修を、と考えている皆さんへ。ここでは、どれだけのことを学び、経験できるかは、自分の積極性や努力次第です。そういう面で自信のある方、一緒に研修をしましょう。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想