本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2007年4月 花島 克幸

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2007年4月 花島 克幸

臨床研修医 花島 克幸

病院構内に植えられている大きな桜が、まるで我々を出迎えてくれているかの様に満開の花を咲かせていた4月2日。大きな期待や不安とともに、医師として、社会人としての生活がスタートしました。

最初の1週間は座学中心のオリエンテーション。ここでは今年度より新しく導入された電子カルテの操作法を練習しながら、各診療科の注意事項などについての講義を受けます。オリエンテーション初日の夜には、我々1年目のメンバーや、たすきがけで4月から当館で研修される2年目の先生と飲み会を行い、これから共に研修を行う仲間たちと心を通わせました。また、この期間中に準夜勤帯の総合外来当直を見学しました。風邪で熱を出した方から救急車で来られる重症の方まで、実に様々な程度の患者さんが来館されましたが、2年目の先生は実にスムーズに診察・処置をこなしておられました。自分も1年経てばここまで成長できるのかという期待と、果たして自分は1年後こんなに成長しているのだろうかという不安が交互に現われて複雑な心境になりましたが、私は本来プラス思考の人間(のはず)なので、それで乗り切っていきたいと思います。

9日から病棟業務が始まり、約2週間が経過しました。平日は朝7時くらいに出勤し、病棟に入院中の患者さんの採血などを行います。次に、7時半から研修医が持ち回りで話題を持ってきて皆で勉強するモーニング・カンファレンスが行われます。4月は主に2年目の先生に処方や輸液など我々1年目にとって非常に役に立つ講義をして頂いています。その後、病棟業務を行います。

病棟では受け持ちの患者さんひとりひとりを訪れ、様子や症状、診察所見などをカルテに記載し、薬の処方や検査の予約などを行うのですが、薬や検査のオーダーに関しては初めてのことばかりで、先輩の先生や看護師の方々、検査科の方々などに聞きまくりながら行っています。患者さんの急変時や、状態が安定しない場合は深夜や週末でも患者さんのもとに赴かねばならないハードな一面はありますが、検査や処置などのいろいろな手技を先輩の先生の丁寧なご指導の下で数多くさせてもらえるので、とても充実しています。現在内科の腎臓・糖尿病ユニットを回っておりますが、この2週間のあいだに透析の際シャントに穿刺する留置針や大腿静脈カテーテルを何本も入れさせて頂きました。

また、診療科間の垣根が低いので、担当中の患者さんの他科疾患についての相談・コンサルトがしやすい上、何か分からない事があると先輩の先生や看護師の方々を始め、コメディカルの方々が大変親切に教えて下さり、いつも助けられています。まだ研修を始めたばかりの私が言うのは憚られるかもしれませんが、早いうちから様々な手技を経験できるというのは、臨床家を志す人にとって大変意義のあることだと思います。好生館は、そんな臨床医志望の人にとってまさにぴったりの研修が行える病院です。しかし、ここで述べたものは一部に過ぎず、文章だけではなかなか伝わらないことも多いので、少しでも好生館に興味をもたれた方はぜひ見学にいらしてはいかがでしょう?もし私を見かけた時はお気軽に声をかけて下さいね。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想