本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 採用情報 > 研修体験記 > 2011年3月 吉原 麻里

研修体験記

研修体験記一覧はこちら

2011年3月 吉原 麻里

yoshihara-mari.JPG

 医師として働き始める最初の病院を選ぶ基準は何でしょう。私は、父に「働ける医師になれ。若いうちは、望んで忙しい病院に行った方がいい。」と勧められたのが、好生館を選んだきっかけでした。見学に行った際に、先輩方に「この病院は、九州の穴場だよ!」と言われ、好生館を非常によく表していると思いました。これだけ研修医を1人の医師として尊重してくれて、たくさんの手技と症例を経験できて、自覚と責任感を育ててくれる病院は少ないと思います。しかしながら、割と知名度が低いので、他の人気な研修病院より競争率が低いと思います。

 よく見学に来る学生さんから質問があるのは、総合当直の制度です。救急車以外の休日・夜間外来の患者さんは、研修医が診察します。まず自分が患者さんと対峙することで、自然と意欲と責任感が湧いて、それがやりがいにも繋がります。その他の病棟業務も、研修医が担当医として治療方針を立てることができます。もちろん指導医に相談することは可能なので、心配しなくても大丈夫です。

 好生館の利点は、指導医の先生方が研修医を熱心に指導してくださること、看護師さんや検査技師や放射線技師などのコメディカルスタッフがとても協力的であること、患者さんの人柄がいいこと(地域性だと思います)などがあげられると思います。

 私が実際に研修してみて感じたこととしては、モチベーションが高い人が集まっているということです。研修医も指導医も「なんとなく働いている」という人は一人もいません。目標とライバルに囲まれて、切磋琢磨しながら研修できるのは人生の宝物になると思います。百聞は一見にしかず。まずは見学にいらしてくださいね。

 

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
募集一覧
臨床研修医募集
病院見学のご案内
研修体験記
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想