本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > インフォメーション > 最新情報 > 好生館に新しい仲間を迎えました。

最新情報

好生館に新しい仲間を迎えました。

2013年04月16日

5月から新病院として開院する好生館に新しい仲間を迎えました。
皆さんを代表して新臨床研修医 川上 穣さんと救命センター 佐野 晴彦さんの二人に抱負を頂きました。

 

mkawakami.jpg

研修医1年目
川上 穣

  今日から4月の中旬に入るというのに、最近は肌寒い日が多いように感じます。
4月の直前から新病院の寮に入居しており、新病院から移転前の病院まで20分自転車をこいでいる身としては、目の覚めるような寒さも良い刺激となっています。
さて、一週間弱のオリエンテーションも終わり、私は現在循環器内科の研修をさせていただいています。まずは入退院の手続き、カルテ、処方、指示出しなど慣れない作業を教えていただき、そして手技では、朝の採血やカテーテル前のルート取り、カテーテル中のお手伝いをしています。手技では、特にルート取りを学生時代にしていなかったため不安でしたが、事前に先生や同期の腕を犠牲にしつつも、患者さんの腕でなんとか取れるようになりました。とりあえずホッとしています。確実に取れることと、患者さんに不安に感じさせないことが当面の目標です。
5月からは移転するということで、新しい好生館で研修を行えることも楽しみですが、なにより好生館の歴史の転換期に関わることができることも、とても嬉しく思います。
今までに好生館で研修をされた先生方は、口々に「充実した研修を送れた」とおっしゃっていました。私は医師のスタートとして大切な初期研修の二年間を、そんな好生館で過ごすことができます。あとは自分次第です。積極的に関わり、学び、少しでも多くのことを身につけていきたいと思います。

 

hsano.jpg

研修医1年目
佐野 晴彦

  私は4月から新臨床研修医として救命センターで研修をしています。救命センターでの研修で最初は不安でいっぱいでいたが、今も不安でいっぱいです。しかしながら、実際現場に立つことで、患者さんを助けたい、救急チームのみなさんのために今自分ができることはなにか、これから自分が学ばなければいけないことは何か、と自然に考えるようになる、積極性もどんどん湧いていきました。
  ある日救急外来で患者さんの家族から話を聞く機会があり、自分の中では病歴を記録しようと話を聞くので精一杯だったのですが、初め辛そうだった家族の方が、「あんたと話してたらなんか楽になった、ありがとう」と言ってくれた時があり、こみ上げるものがありました。なんてやりがいのある仕事なんだと実感した瞬間でした。
まだまだ勉強中の身ではありますが、先輩の医師、看護師のみなさんはとても親切に教えてくださいますし、頼もしい同期の仲間にも助けてもらってばかりの私ですが、根底にあるのは、人が好きであるという想いです。日々全力で頑張っていこうと思います。

最新情報に戻る

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
顧問のご紹介
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
最新情報
入札情報
採用情報
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想