本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 理事長のごあいさつ

理事長のごあいさつ

kirino_ceo.jpg

理事長:桐野 髙明
(きりの たかあき) 

肥前さが幕末維新博覧会

 肥前さが幕末維新博覧会が1月14日をもって閉幕しました。ちょうど私が好生館に赴任した昨年4月には、すでに博覧会はスタートしていましたので、この一年弱の間、常に催しが継続していたことになります。「その時、佐賀は世界を見ていた。そして今、佐賀は未来を見ている。」という標語のもと、幕末期の佐賀の活躍の様子がさまざまなイベントの中で示されていました。佐賀藩は幕末維新期に国内最先端の科学技術を有し、明治維新への重要な場面で大きな役割を果たしました。派手な博覧会ではありませんでしたが、その当時の佐賀のことを知る大変よい機会になりました。佐賀で育てられ、活躍した数多くの偉人たちの事績がわかりやすく展示されていた点も評価できると思います。医学や医療の面でも、佐賀藩の果たした役割は大きく、その影響は現在にまで及んでいます。博覧会では、特別展として「医とくすりへの志」を期間限定で開催し、佐賀の製薬業の振興に携わった先人たちの業績を紹介しました。この展示では、詳しい資料がよく収集され展示されていて、大変参考になりました。佐賀藩は、明治維新に先駆けること十余年、各分野の近代化に成功していたということがよくわかり、開国・明治維新が単に優れた西洋の科学技術をコピーしただけのものではなかったことも理解できました。博覧会は閉幕にあたり、「志を未来へ」と結んでいます。課題山積の未来に、当時の佐賀藩の人たちのような熱意で取り組む必要のあることを訴えかけているような博覧会であったと思います。


平成31年4月

理事長の経歴

過去のごあいさつ

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
顧問のご紹介
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動に関するコンプライアンス
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想