平成28年度 佐賀県医療センター好生館 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,160 326 350 678 792 1,332 2,827 2,834 2,003 324
2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)中に当館を退院した患者さんのDPCデータを基に作成しております。DPCデータには自動車賠償責任保険や労災保険、自費、24時間以内の死亡の患者さんのデータは含まれません。

1.年齢階級別退院患者数
定義:2016年度退院患者さんの人数を10歳間隔の年齢階級別で集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
特徴:2016年度の当館への入院患者さんは13,681人で、その構成比は60歳以上が63.3%、80歳以上が18.8%を占めています。また、小児科、小児外科、産婦人科を標榜していますので、10歳未満の患者さんが8.6%を占めています。 年代別の主な疾患は、10歳未満では、鼠径ヘルニア、気管支喘息、急性気管支炎などであり、60歳以上では消化器の悪性腫瘍や狭心症、心筋梗塞、肺の悪性腫瘍、脳卒中(脳梗塞や脳出血)、80歳以上は心疾患、脳卒中に加え、大腿部近位部骨折などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 362 4.56 5.51 0.83% 64.41
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 276 2.9 3.06 0.72% 70.2
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 223 3.3 4.71 0.90% 70.46
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 81 13.86 17.95 29.63% 82.54
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 78 2.96 3.22 0.00% 70.82
2016年の入院患者数は1461人、緊急入院が197人。いずれも昨年と比較して増加している。それに対し平均在院日数は5.7日と短縮している。入院疾患の内訳としては虚血性心疾患が最も多く急性心筋梗塞98人、心不全は174人であった。心臓カテーテル検査数は866件、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)が343件(緊急PCIは103件)であった。冠動脈ステント留置術のうちの97%に薬剤溶出性ステントを使用している。末梢血管インターベンションは46件となっている。カテーテルアブレーション数の増加が著しく昨年の191件から342件となり、うち心房細動に対するものは202件となっている。永久ペースメーカー植え込みは新規が48件交換が20件であった。植え込み型除細動器(ICD)については新規が6件であり、交換が1件であった。不整脈診療は近年のカテーテルアブレーション治療の全国的な広がりもあり、今後当科が特に強化すべき分野として取り組んでいる。生理検査に関しては、経胸壁心エコーが6320件、経食道心エコーが249件、血管エコーが2334件であり、引き続き右肩上がりの上昇が続いている。運動負荷心電図検査は321件、うちCPXは84件であった。またホルター心電図検査は694件となっている。画像診断については冠動脈CTが615件、心臓MRI47件、心筋シンチグラフィー411件となっている。心大血管リハビリテーションは新規患者数391人、実施のべ件数は4254件と増加の一途である。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 135 5.68 6.42 0.00% 2.75
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 111 5.35 6.02 0.00% 1.1
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 69 4.13 5.50 0.00% 3.26
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 5.21 5.79 0.00% 3.35
030270xxxxxxxx 上気道炎 59 5.29 4.83 0.00% 1.42
小児科では気管支喘息や急性気管支炎、肺炎といった呼吸器疾患の入院症例が多くなっています。いずれの疾患も平均年齢が1ー3歳であり、入院期間は5日程度となっています。小さなお子さんの呼吸器疾患に対する治療の重要性が分かります。また、ウイルス性胃腸炎で、嘔吐や下痢といった消化器症状を呈する症例も多く、点滴による水分管理を行い脱水症が進行しないように治療を行います。小児科の入院症例の多くは急性の感染症であり、地域の小児科の先生方と連携を取りながら治療を行っています。退院後はご紹介をいただいた、かかりつけの先生方に加療を継続していただくようにしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 157 17.28 27.63 89.17% 82.36
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 74 3.5 5.49 16.22% 47.77
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 52 5.13 5.33 9.62% 20.9
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 33 16.48 17.99 27.27% 75.94
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 21 10.48 20.57 76.19% 73.43
整形外科では近隣の医療機関からの紹介患者さんを多く診療しています。その中でも、高齢者が転倒して受傷する大腿骨近位部骨折(股関節付近の骨折)や橈骨遠位端骨折(手首付近の骨折)の患者さんが最も多くなっています。橈骨遠位端骨折の方は手術後早期に退院が可能で、退院後は外来で治療を継続します。しかし、高齢者の大腿骨近位部骨折の方は手術後早期から退院できるほど歩けるようになるのは難しいので、近隣の病院へ転院してリハビリを継続します。転院後も一貫した治療を継続できるように、近隣の病院と共通した治療方針(地域連携パスといいます)を策定しています。もし、転院先で不都合が起こった場合も、速やかに連携を取り対応を行っています。また当院では手術の必要な小児骨折も多く診療しています。肘関節や手関節周囲の骨折の手術を行うことが多く、上肢の手術では数日間の短期入院となります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 9.79 9.87 29.41% 76.65
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 9.68 7.52 16.00% 57.64
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 23 3.57 3.20 0.00% 64.57
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 21.21 20.91 42.86% 73.43
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 6.21 7.70 14.29% 76.43
平成28年度の脳神経外科外来患者数は総数2240人で新患193人、再来2047人であった。入院患者総数は284人。疾患別割合は脳血管障害124人(43.6%)、神経外傷79人(27.8%)、脳脊髄腫瘍24人(8.5%)、水頭症29人(10.2%)、その他28人(9.9%)、であった。例年通り、脳血管障害と頭部外傷のしめる割合が高く、両者で71%に及んでいる。平成28年度の観血的手術例数は180例、脳血管内手術は76例で計256例であった。観血的手術の内訳は動脈瘤クリッピング術と血管奇形摘出術23例、バイパス・頸動脈内膜剥離術14例、脳腫瘍摘出術および生検15例、頭蓋内血腫除去術12例、水頭症手術41例、慢性硬膜下血腫34例、その他41例であった。(グラフ2)血管内手術は、GDCによる動脈瘤の塞栓術が13例で、狭窄病変に対するステント留置術ないし血管形成術が15例、血栓回収術39例、その他の血管内手術9例であった。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 92 11.9 12.73 5.43% 67.48
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 8.39 10.09 4.35% 34.22
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 21.27 31.34 27.27% 69
- - - - - - -
- - - - - - -
呼吸器外科では心臓・大血管・食道以外の胸部疾患の外科部門を担当しています。取り扱う疾患として原発性肺癌、転移性肺癌、肺良性疾患、縦隔疾患、気胸、膿胸、中枢気道狭窄などがあります。その中でも最も多い疾患は手術適応のある原発性肺癌および転移性肺癌などの肺悪性腫瘍です。次に多い疾患は自然気胸で、責任病変(気胸の原因となった病変)が認められれば胸腔鏡下切除を行っています。当科で3番目に多い急性膿胸に対しては、内科的治療で肺の拡張が得られない症例や、画像上多房化した膿胸腔を認める症例に対し、全身状態を吟味した上で手術の適応を決定しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 80 3 3.34 0.00% 65.68
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 5.22 5.85 11.11% 72.52
180040xx01x1xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等21あり 24 14.33 22.74 16.67% 69.13
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 19 14.26 12.74 10.53% 77.74
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 23.28 20.93 5.56% 71.61
2016年は総数578例の手術を施行した。前年(2015年)の手術総数は474例であったので、単年で104例増加しています。診療実績:手術の内訳は、心臓大血管手術が73例、腹部末梢血管手術では腹部大動脈瘤が38例、下肢末梢動脈疾患が80例、下肢静脈瘤が99例、透析シャント手術が254例であった。上記症例の内、血管内治療としてのステントグラフト内挿術は19例、下肢静脈瘤レーザー焼灼術が90例、透析用シャント血管形成術が94例であった。血管内治療は低侵襲性に優れており、かつ患者満足度が高いので今後も継続していく予定である。また高齢者の大動脈弁狭窄症患者が増加傾向にあるのも最近の特徴である。大動脈弁狭窄症は心不全、失神、狭心痛などの症状が出現すると進行が早く、予後が悪い。しかし高齢の患者は手術侵襲を考慮して内科的治療になる場合が多かった。医療技術の進歩により、狭小弁輪に対応できる新しい生体弁や経カテーテル的大動脈弁置換術の登場で、高齢者であっても手術可能な大動脈弁狭窄症患者が増加したことが要因と考えられる。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 40 3.25 8.57 0.00% 1.95
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 38 3.74 5.60 0.00% 10
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 18 3 3.29 0.00% 1.28
- - - - - - -
- - - - - - -
腹壁の膨隆を呈する疾患(臍ヘルニア・先天性白線ヘルニア)に対して修復手術を行っています。小児外科では臍を利用して行う手術が多く、同部の瘢痕ヘルニアについても修復手術を行っています。・急性虫垂炎に対しては、保存的治療、手術療法を症例ごとに検討し患児のQOLを最優先した治療方針を決定しています。停留精巣については、生後まもなくから経過観察して、自然下降傾向の認められない症例は1歳までに手術を行っています。年長児でも後天的に挙上している症例に対しては固定手術を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 101 5.76 6.29 0.00% 42.22
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 93 5.96 6.42 0.00% 41.43
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 61 9.69 9.88 0.00% 34.28
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 43 6.09 7.92 0.00% 37.26
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 38 2 3.08 0.00% 39.84
佐賀県内の産婦人科基幹施設はそれぞれ役割分担をしており、婦人科悪性腫瘍・周産期医療は他医療機関が取り扱っている。当館は他施設が取り扱わないその他大部分の産婦人科疾患を広く取り扱っているのが特徴である。婦人科は腹腔鏡下手術が多く、佐賀県内の良性卵巣腫瘍、腹腔鏡下での子宮摘出の大部分を当館で取り扱っている。当館には県内唯一の小児外科があるため、新生児期に外科手術が必要と出生前に診断された症例を取り扱っている。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 56 2.07 2.61 0.00% 70.63
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 48 10.33 10.53 0.00% 58.38
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 34 6.44 7.72 0.00% 68.53
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 28 7.54 9.15 0.00% 72.21
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 23 2.04 5.16 0.00% 75.61
平成28年度は入院患者数:2337人と前年度に比して減少したが、中央手術室での手術件数(1222件)は、ほぼ前年度と変化なかった。入院患者数が減少している原因している理由は、平成26年中旬より中央手術室での日帰り手術(デイサージェリー)がスタートし、それまでは入院手術であった白内障手術の多くが通院・日帰り手術に移行したためである。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 79 7.94 7.47 0.00% 53.51
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 62 9.74 8.77 0.00% 24.18
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 44 1.23 3.32 0.00% 4.82
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 27 9.15 8.12 0.00% 16.3
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 26 6.73 5.50 0.00% 32.35
平成28年度の当科の3大入院疾患は、副鼻腔炎、扁桃疾患、中耳炎の3つです。入院患者の内訳を診断群分類別にみると、最も多いのは慢性副鼻腔炎の手術目的の入院です(79例)。平均年齢は53.5歳であり、高齢化の傾向にあります。最近は難治性の好酸球性副鼻腔炎の割合が多くなっており、治療方針もここ数年でもかなり変化しています。また、ほぼ100%内視鏡下に手術を行っており、術後の痛みも少なくなってきておりますので、以前手術を躊躇した方も一度ご相談されることを勧めます。次いで2番目に多いのは、急性炎症を繰り返す扁桃炎症例の手術目的の入院です(62例)。平均年齢は24.2歳と多くは若年者です。3番目は、滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術目的の入院です(44例)。ほとんどは日帰りで手術を行っています。滲出性中耳炎は小児と高齢者に多い疾患ですが、入院症例は全身麻酔下に手術を行う必要がある小児のみであるため、平均年齢も4.8歳となっています。小児は鼻と耳をつなぐ耳管機能が未熟であり、さらに耳管開口部近くにアデノイドや口蓋扁桃があるため、アデノイド増殖症や口蓋扁桃肥大による耳管機能異常が起こりやすいという特徴があります。そのため、滲出性中耳炎手術はアデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術と同時に行うことがしばしばあります。4番目は、扁桃肥大、アデノイド増殖症といった扁桃の慢性疾患であり、手術目的の入院です(27例)。症状はいびき、無呼吸等ですが、中耳炎や副鼻腔炎、発達障害の原因となることもあります。平均年齢は16.3歳とほとんどが未成年です。5番目は、急性扁桃炎やその重症型である扁桃周囲膿瘍など、のどの急性炎症の治療目的の緊急入院です(26例)。腫れや痛みのために、食事が摂れない、息が苦しいなどのひどい症状がある方に対して、抗生剤や脱水補正の点滴、場合によっては手術を行います。平均年齢は32.4歳であり、比較的若い成人男性に多い傾向があります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 89 7.13 7.44 6.74% 74.11
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 78 5.64 5.83 0.00% 62.68
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 28 11.75 11.72 0.00% 70.32
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 24 10.96 13.39 0.00% 66.88
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 22 12.41 12.52 0.00% 67.77
110070xx0200xx:泌尿器科で最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)です。尿道から内視鏡を入れ、膀胱癌を切除します。悪性度や癌の深達度を診断し、完全に切除できれば完治することができます。開腹する必要はありません。膀胱に泌尿器科用灌流液を流しながら手術を行う膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)と生理食塩水(電解質溶液利用のもの)の2種類の方法があります。患者さん毎に使い分けています。
11012xxx020x0x:経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)は、尿道から尿管鏡を挿入して、尿管結石や腎結石をレーザーを用いて破砕し、除去する手術です。開腹せずに、結石を除去できる為、患者さんの手術後の回復も早く短期間の入院期間で退院可能です。
110070xx99x20x:膀胱癌で進んだ状態の場合、抗癌剤で全身治療を行います。
110080xx01x0xx:前立腺癌に対する根治手術です。前立腺部を膀胱と尿道から切離後摘出します。摘出後膀胱と尿道を縫合します。前立腺癌の拡がりの組織診断がきちんとでき、完全切除できれば、根治可能です。開腹術で行う場合と腹腔鏡を用いた低浸襲手術を近年行われています。
11001xxx01x0xx:腎癌や腎盂・尿管癌の場合、患部を摘出する手術を行います。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 172 2.44 3.68 1.16% 70.56
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 136 10.77 12.35 1.47% 68.65
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 45 16.4 19.92 15.56% 70.67
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 15.7 14.83 33.33% 70.8
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 22 23.18 19.24 0.00% 64.73
平成28年度の呼吸器内科の入院患者数は877人でした。肺癌を含む呼吸器悪性腫瘍は化学療法や放射線治療、症状緩和目的の入院など全てを合わせると388人で、呼吸器内科入院患者の約半数を占めています。気管支鏡検査などの検査入院の患者さんは200人で、年々増加傾向にあります。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があり、自宅退院できずに転院となる方もおられます。肺炎のデータに関しては、「指標4.成人市中肺炎の重症度別患者数等」をご参照下さい。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 13.97 12.84 17.95% 65.54
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 10.69 8.87 3.45% 70.45
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 26 17.23 14.77 0.00% 67.23
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 18 44.06 37.06 5.56% 67.33
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 11 44 22.67 18.18% 66.64
 診療内容は、腎炎・血管炎、ネフロ―ゼ症候群、糖尿病性腎症、急性及び慢性腎不全、透析療法(血液透析、腹膜透析、血液浄化療法(血漿交換・血液吸着・血液濾過等))などすべての内科的腎疾患、及び透析合併症に対応している。2016年度の新規入院患者は225名で、その内訳は、慢性腎不全150名(内透析導入73名、透析シャント作成66件、腎不全教育23名(重複あり))、慢性糸球体腎炎30名(ネフロ―ゼ症候群14名、IgA腎症13名)、急性腎不全15名、その他血管炎(ANCA関連血管炎、膠原病等)、感染症等であった。腎生検は23件施行している。透析に関しては、当院の人工透析室では40名の透析患者受け入れが可能である。2016年度の透析件数は4987件(入院2962件、外来2025件)であった。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 3.1 3.64 9.52% 53.81
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 5.75 7.52 33.33% 61.42
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 7.18 9.87 9.09% 64.55
- - - - - - -
- - - - - - -
平成28年度の救急車搬入台数は、2,955件と平成27年度に続き3,000件にわずかに及ばない数であった。当館の救命救急センターに救急車で搬送された患者のうち65.8%が入院となっている。平成28年度救命救急センター入室の重篤患者数上位5疾患は、①重症外傷:145名②病院外心肺停止:140名③重症脳血管疾患:116名④敗血症:48名⑤重症急性冠症候群:36名となっています。上記のDPCコードにおける上位3疾患は交通事故・労災等を除く健康保険適応の患者での集計です。また、救急科で入院後に他診療科に転科となる症例が多いため、実際は幅広い疾患の診療に対応しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 182 13.19 16.83 3.85% 66.99
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 67 44.57 41.96 4.48% 70.13
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 59 15.22 17.63 0.00% 69.53
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 34 24.97 25.11 17.65% 68.85
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 23 11.22 14.53 0.00% 67.57
当科では悪性リンパ腫を、診断時の病理組織標本に加え院内フローサイトメトリー法(注1*)・染色体検査・FISH(注2*)・遺伝子検査を用いて総合的に診断しております。病理医と密に連携し、各々の患者さんに最適な治療法を選択しております。急性白血病においては、適応患者に積極的に同種造血幹細胞移植を施行しております。多発性骨髄腫においては、適応患者に積極的に自家造血幹細胞移植を施行しております。
(注1*)フローサイトメトリー法とは 細胞表面の分化抗原を調べて血液・リンパ腫瘍の病型を分類する検査です。
(注2*)FISHとは          特定の遺伝子の分化抗原を調べて血液・リンパ腫瘍診断に必要な遺伝子異常を検出する検査です。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 85 13.31 15.92 8.24% 72.01
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 59 16.12 17.65 22.03% 67.08
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 56 4.96 5.60 0.00% 36.21
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 18.67 17.98 21.21% 67.33
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 19 11.05 9.82 0.00% 61.05
当院の消化器外科では、消化器癌の外科治療(手術)を主に担当しています。消化器癌のなかでも近年増加傾向にある結腸癌、直腸癌(大腸癌)や胃癌(幽門側胃切除、胃全摘)が症例数の上位に上がります。また、食道癌は手術や化学療法、放射線治療などの集学的治療を行っています。外科治療(手術)は、体に負担がかかる治療法ですので、少しでも侵襲(体の負担)を少なくするために、より低侵襲な腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。佐賀県は高齢化がすすんでおり患者さんの年齢、術前合併症保有率も高い傾向にありますが、低侵襲手術を安全に手術を行っています。また、胃癌、大腸癌の手術症例には原則全例パスを導入し医療の質の担保を心がけています。また、地域的に手術を行う施設が減少し急患手術に対応できる施設が限られるため、急性虫垂炎の手術も多く手がける結果になってます。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 96 6.21 7.61 2.08% 59.06
06007xxx01010x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 19 30.47 30.88 0.00% 65.21
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2なし 19 13.47 15.85 10.53% 69.79
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等21あり 14 20.29 20.56 7.14% 70.21
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 12 6.5 6.82 0.00% 61.92
2016年の肝胆膵外科手術は257例で、その中で日本肝胆膵外科学会が指定する肝葉切除・膵頭十二指腸切除などの高難度肝胆膵手術が75例(前年度は74例)だった。全国でも少ない高度技能専門医修練施設(A認定)の条件(1年間で50例以上の高難度肝胆膵癌手術)を十分満たす手術例数となっている。好生館は、2015年4月より日本肝胆膵外科学会が指定する高度技能専門医修練施設に認定された。また、2016年4月からは、高難度(亜区域切除以上)の腹腔鏡下肝切除を施行できる施設に認定され、安全第一として慎重に症例を重ねている。手術数257症例のうち、131症例は開腹手術で69症例は腹腔鏡下手術です。
肝胆膵内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 170 9.39 11.06 7.65% 74.37
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 100 10.61 11.74 10.00% 74.5
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 43 7.28 8.70 0.00% 70.12
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 11.59 13.50 24.32% 66.19
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 9.89 14.75 5.71% 72.63
当科入院患者の疾患としては、肝胆膵領域の癌や胆石に関連したものが多くを占めています。特に、胆石、胆道癌および膵癌に対する内視鏡処置や、肝癌に対するカテーテルを用いた血管内治療、経皮的ラジオ波焼灼術が治療の主体となっています。
糖尿病代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 120 13.29 14.61 0.83% 60.05
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり85歳未満 35 13.37 16.31 0.00% 60.05
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
糖尿病代謝内科で最も多い症例は、糖尿病教育・合併症精査目的入院です。原発性アルトステロン症や褐色細胞腫等、副腎疾患の入院も多くなってきました。副腎以外の下垂体、甲状腺、副甲状腺等の内分泌疾患精査・加療も、泌尿器科・脳神経外科・耳鼻いんこう科・放射線科などと連携して行っています。
脳血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 13.59 19.35 65.52% 68.24
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 25 14.64 16.54 32.00% 69.28
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 23 6.17 6.38 0.00% 67.96
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 8.35 7.12 21.74% 72.09
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 13.92 16.70 21.74% 72.42
当科における最も多い入院疾患は脳梗塞であり、2016年度は183例の入院数でした。DPCにおいてはその項目細分化にて、指示の数値となっております。その中でも、発症3日以内の急性期脳梗塞および一過性脳虚血発作が多い項目として、指示されております。特に別途説明にあげている超急性期脳梗塞に対するtPA静注やカテーテルを用いた緊急血行再建術に力をいれています。2016年度にこの緊急カテーテル治療を行った症例は38症例にのぼり、年次の増加を認めています。入院診療科が当科および脳神経内科の両方の入院症例を全て当科で手術しておりますので、当科入院分としては上位5位にぎりぎり入らない数値となっているため提示されていませんが、実際は上述のとおりです。手術を行わない非外傷性頭蓋内出血についても、昨年の当科入院は44例であり、その中での細分化によって提示の数値となっています。これらの疾患は要介護4・5となる原因疾患で最も多い脳血管障害の中でも多くの割合を占める疾患となります。こうした疾患は少しでも後遺症を少なくすることで機能予後の改善と健康寿命の延伸につなげることができるため、迅速かつ適切な適応の元行を行っております。
経皮的脳血栓回収術の説明:超急性期脳梗塞に対するカテーテルを用いた脳血栓除去を目的とした治療です。治療効果もいくつものRCTにて確立されており、すでに海外ならびに本邦でも標準治療としての位置づけであり、発症から6時間以内で治療開始できる症例に対して、積極的に行われるようになっています。こうしたステント型または吸引型の脳血栓専用の血栓除去デバイスによる再開通率は当院においても90%を超える成績であり、その治療効果を高めることに寄与しています。高齢化社会においても年次に症例数が増えており、今後も必要不可欠な治療法として行っており、地域連携・救急/市民啓蒙を積極的に行い、適応症例がもれなくこの治療を受けられる様に引き続き尽力してまいります。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 19 6.21 6.88 0.00% 61.79
060020xx99x5xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 14 5.93 8.38 0.00% 70.57
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 13 5.46 4.48 0.00% 66.31
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 11 5.36 8.11 0.00% 71.18
- - - - - - -
腫瘍内科において、固形腫瘍の患者さんを中心に化学(放射線)治療を行っています。患者さんの生活の質(QOL)を重視する観点から外来化学療法を積極的に行っています。これは、入院をしないで通院でがん治療を行うスタイルです。このことにより、仕事や自宅での生活を維持しながらがん治療に取り組むことが可能となります。従って、当科入院の患者さんは化学療法の初回導入及び長時間補液を必要とする治療が入院の対象となり結腸がん・胃がん・食道がんの入院が多くなっています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 50 4.4 4.64 0.00% 51.88
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 30 8.53 10.30 6.67% 63.87
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 27 9.93 11.57 7.41% 61.22
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 19 3.47 4.56 0.00% 47.32
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 18 6.83 6.59 0.00% 61.44
当院では患者さん一人ひとりに対して、主治医・担当医を中心に、専門看護師や薬剤師、また他科のスタッフとチームを組んでグループ診療を基本としています。乳がんの治療法は大きく分けて「手術治療」「放射線治療」「薬物治療」の3つ。薬物治療の中には「ホルモン治療」「化学療法」のほか、がん細胞が増殖する過程をブロックする「分子標的療法」があります。治療の開始にあたっては、充分な説明を心がけ、インフォームドコンセントの原則のもと、患者さんに十分な理解と了承を得られるよう、留意しています。当院では毎年、約半数の患者さんが乳房温存手術、残りの半数が乳房切除術(全摘)を受けられています。また乳がん手術を受けられた約4人に1人の方が補助療法として抗がん剤投与を受けられています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 63 9.21 9.02 3.17% 72.75
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 46 7.04 10.93 13.04% 70.98
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 42 6.67 7.89 4.76% 62.45
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術等 38 8.45 7.52 0.00% 69.11
060102xx02xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 小腸結腸内視鏡的止血術等 22 8.45 10.70 4.55% 75.18
当科では早期胃がんに対する治療として内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行っています。パスを用いて約1週間の入院治療を行っており、最も症例数が多くなっています。胃腺腫などの良性腫瘍に対しても同様の内視鏡治療を行っています。胃・十二指腸潰瘍出血症例も救急受診されることが多く、内視鏡的に止血を行っています。元々全身状態が悪く、寝たきり状態の症例も多いため転院率が13%と高くなっています。様々な基礎疾患に対して抗血栓薬を常用されている方では、大腸憩室出血を発症することがあり、憩室全体を内視鏡を用いて輪ゴムで結紮する止血術例も多くなってきています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 101 22 42 32 19 33 1 7
大腸癌 52 43 84 34 19 31 1 7
乳癌 36 77 25 11 0 38 1 7
肺癌 77 33 98 146 132 139 1 7
肝癌 13 24 21 13 0 140 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 病期毎の実患者数ではなく入院数によるデータです。また、がん種により含まれていないステージがあるために、がんの正しい病期の分布を反映していません。
①高度進行・再発例では抗がん剤治療などにより繰り返しの入院治療が行われるため、同一患者の繰り返し入院がカウントされます。そこで高度進行・再発例が実患者数より多く表記されてしまいます。
②大腸がんや乳がんはStage0症例が集計から除外されています。そのため早期発見例(StageI)が少なく表記されてますが、より早期であるStage0を加えてみますとStage0とStageIで約半数を占めており、比較的早期に診断されているのが実情です。
③肺がんの高度進行StageIVは複数回の入院化学療法のため多数となっています。再発症例は昨年より増加しました。また、肺がんの不明例が突出して多いのは、診断確定のための検査(気管支鏡)入院症例であり、入院中には病期分類が判明しないことが理由です。
④肝臓がんは例年通り再発症例が多く、かつ頻回の入院治療を繰り返すために再発例が多数となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 9.71 48.59
中等症 54 12.17 75.22
重症 24 17.96 84.29
超重症 4 29.25 83.5
不明 0 0 0
肺炎診療ガイドライン2017によると、市中肺炎は基礎疾患を有しない、あるいは有しても軽微な基礎疾患の人におこる肺炎であると定義されています。当院で入院を必要とした市中肺炎罹患者は中等症の患者さんが最も多くなっています。平均在院日数を見ますと重症度が上がるごとに入院期間が長くなっていることが現れています。また、軽症の患者さんの平均年齢が40歳台であるのに比べて、中等症以上では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化しやすいことが分かります。今後も高齢化に伴い、入院を必要とする重症市中肺炎罹患者数の増加が予想されます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 8.16 71.42 0.00%
その他 5 4.4 56.2 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 234 19.63 75.62 61.11%
その他 45 12.38 69.07 40.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 4 9.5 78 0.00%
その他 13 15.08 69.69 7.69%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 16.67 63.67 33.33%
その他 2 13.5 67 50.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 2 27 55.5 50.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院脳卒中センターでは専門性を最大限に活かすという観点から、手術適応のない患者さんは脳血管内科あるいは脳神経内科の内科系の科が担当します。脳梗塞はその代表で、内科二科で超急性期から慢性期の管理までを行い、手術適応のある少数例のみが脳神経外科で加療を受けるという体制です。外科医が手術の片手間で診ている病院とは根本的に違います。脳梗塞は280例近くで8割を超える方が3日以内です。近年の高齢化社会を反映して平均年齢は75歳を超えていますが、こういった方々が自立できるかどうかは急性期の治療でほぼ決まります。早期から集中的にリハビリを含めた治療を行い、概ね20日弱で6割は自宅あるいは施設に退院できますが、まだ残りの4割はリハビリ継続などで転院せざるを得ません。一旦発症すると後遺症が残る割合が高い病気ですので、一過性脳虚血発作や発症前の頸動脈狭窄病変などの重症化する前の段階の患者さん50例前後に対しても精査加療を行い、予後方針の策定にも力を注いでいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 294 1.15 2.67 0.34% 64.69
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 190 1.17 1.6 1.58% 71.09
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 73 1.11 1.64 2.74% 63.47
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 41 0 14.95 9.76% 67.56
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 37 3.59 7.43 10.81% 78.51
2016年の入院患者数は1461人、緊急入院が197人。いずれも昨年と比較して増加している。それに対し平均在院日数は5.7日と短縮している。入院疾患の内訳としては虚血性心疾患が最も多く急性心筋梗塞98人、心不全は174人であった。心臓カテーテル検査数は866件、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)が343件(緊急PCIは103件)であった。冠動脈ステント留置術のうちの97%に薬剤溶出性ステントを使用している。末梢血管インターベンションは46件となっている。カテーテルアブレーション数の増加が著しく昨年の191件から342件となり、うち心房細動に対するものは202件となっている。永久ペースメーカー植え込みは新規が48件交換が20件であった。植え込み型除細動器(ICD)については新規が6件であり、交換が1件であった。不整脈診療は近年のカテーテルアブレーション治療の全国的な広がりもあり、今後当科が特に強化すべき分野として取り組んでいる。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 153 1.96 13.93 80.39% 78.44
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 72 1.96 11.35 51.39% 57.94
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 41 0.93 1.68 2.44% 49.73
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 41 4.46 17.07 92.68% 80.9
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 33 1.36 20.91 72.73% 75.21
整形外科では高齢者の大腿骨近位部骨折(股関節付近の骨折)の手術を多く行っています。主に、骨折部をインプラントで固定して骨癒合させる手術を行います。また、骨折の程度によっては骨折部を人工物(大腿骨人工骨頭)に置き換える手術を行います。ともに、手術後早期に歩行リハビリを開始することを目的としており、骨折した高齢者が寝たきりにならないようにしています。橈骨遠位端骨折(手首付近の骨折)では骨折部をインプラントで固定する手術を行います。手術後はギプスによる固定は不要なので、術後早期から手指や手関節を動かすリハビリを開始することができます。これにより、骨折によって生じる機能低下を可能な限り防ぐことができます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 34 1.41 9.15 35.29% 78.56
K1742 水頭症手術(シャント手術) 18 6.28 19.67 50.00% 73.61
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 18 0.89 30.44 44.44% 61.61
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 3.33 26.27 46.67% 65.4
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 12 6.75 26.67 8.33% 64
平成28年度の観血的手術例数は180例、脳血管内手術は76例で計256例であった。観血的手術の内訳は動脈瘤クリッピング術と血管奇形摘出術23例、バイパス・頸動脈内膜剥離術14例、脳腫瘍摘出術および生検15例、頭蓋内血腫除去術12例、水頭症手術41例、慢性硬膜下血腫34例、その他41例であった。(グラフ2)血管内手術は、GDCによる動脈瘤の塞栓術が13例で、狭窄病変に対するステント留置術ないし血管形成術が15例、血栓回収術39例、その他の血管内手術9例であった。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 43 1.81 9.37 4.65% 66.77
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 26 1.92 5.04 3.85% 35.92
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 24 2.33 7.63 4.17% 69.25
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 17 2.06 11 17.65% 66.24
- - - - - - -
呼吸器外科で最も多い手術は原発性肺癌および転移性肺癌に対する手術です(肺悪性腫瘍手術)。原発性肺癌に関しては臨床病期と腫瘍悪性度および患者さんの耐術能をカンファランスで詳細に検討し最終的な術式を決定します。基本的に胸腔鏡下で手術を行い(胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術)、癌が存在する肺葉を切除します。症例によっては術中に浸潤の有無を迅速病理検査で詳細に検討し、縮小手術(部分切除、区域切除)に止める症例や、耐術能の関係から縮小手術となるものもあります。またリンパ節転移が疑われる症例は、十分なリンパ節郭清を行うために、開胸(腋を約15-20cm程度切開する)して手術を行います。転移性肺腫瘍に対する術式は、腫瘍の存在する部位、大きさ等によって変わりますが、基本的には胸腔鏡下に縮小手術(部分切除、区域切除)を施行します。
当科で2番目に多い手術である自然気胸に対する手術で、責任病変(気胸の原因となった病変)である嚢胞が認められれば胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(喫状部分切除)を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 70 0.97 1.03 0.00% 65.53
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 33 0.7 13.64 15.15% 71.33
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 24 3.25 18.79 12.50% 74.75
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 0.19 1.81 9.52% 70.62
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13 2.62 8.92 7.69% 80.85
2016年は総数578例の手術を施行した。前年(2015年)の手術総数は474例であったので、単年で104例増加しています。手術の内訳は、心臓大血管手術が73例、腹部末梢血管手術では腹部大動脈瘤が38例、下肢末梢動脈疾患が80例、下肢静脈瘤が99例、透析シャント手術が254例であった。上記症例の内、血管内治療としてのステントグラフト内挿術は19例、下肢静脈瘤レーザー焼灼術が90例、透析用シャント血管形成術が94例であった。血管内治療は低侵襲性に優れており、かつ患者満足度が高いので今後も継続していく予定である。また高齢者の大動脈弁狭窄症患者が増加傾向にあるのも最近の特徴である。大動脈弁狭窄症は心不全、失神、狭心痛などの症状が出現すると進行が早く、予後が悪い。しかし高齢の患者は手術侵襲を考慮して内科的治療になる場合が多かった。医療技術の進歩により、狭小弁輪に対応できる新しい生体弁や経カテーテル的大動脈弁置換術の登場で、高齢者であっても手術可能な大動脈弁狭窄症患者が増加したことが要因と考えられる。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 120 1.03 1 0.00% 3.43
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 38 0.18 2.55 0.00% 10
K6333 臍ヘルニア手術 35 1.09 1.17 0.00% 1.83
K836 停留精巣固定術 18 0.94 1 0.00% 2.33
- - - - - - -
・当科で最も多い手術は外鼠径ヘルニア手術です。腹腔鏡下手術を原則としていますが一部内鼠径ヘルニアなどでは鼠径部切開による手術方法も採用しています。・小児の急性腹症で最も多い急性虫垂炎手術も腹腔鏡下に手術を行っています。術後早期から食事を開始し、早期に退院しています。(術後平均日数2.55日)・臍ヘルニアは圧迫療法が主流ですが、治癒傾向の認められない症例や醜形の残った症例に対して臍形成を含めた手術を行っています。・停留精巣は、自然下降の認められない場合1歳までに手術を行っていますが、年長児で後天的に挙上した症例も固定手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 137 1.1 4.13 0.00% 39.23
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 74 1.05 4.35 0.00% 47.7
K867 子宮頸部(腟部)切除術 69 0 1 0.00% 34.58
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 57 1.04 4.14 0.00% 37.68
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 55 3.2 6.87 0.00% 34.11
卵巣腫瘍は術前診断が良性である場合には腹腔鏡下での手術を行っている。良性疾患の子宮摘出に関しては概ね手拳大の子宮までは腹腔鏡下で施行している。子宮、卵巣いずれの場合でも巨大なものは(臍上まで及ぶような症例)、悪性の疑いが否定できないものに関しては開腹手術を選択している。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 243 0.02 1.21 0.00% 75.31
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 117 1.23 5.82 0.00% 65.41
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 26 0.65 3.35 0.00% 71.85
K2021 涙管チューブ挿入術(涙道内視鏡) 22 0 1 0.00% 75.36
K2683 緑内障手術(濾過手術) 16 0.5 6.69 0.00% 74.75
当科における全手術症例の内容の内訳は、多い順に白内障手術、涙道再建手術、網膜硝子体手術であり、例年と変わらない状況であった。公的病院の眼科では未だに全国的に稀ながら当科において実施している白内障手術と同時に老眼も治る(アンチエイジング)先進医療:多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の総手術眼数は174例であった。佐賀県では当館眼科でしか実施していない、鼻涙管閉塞症、流涙症、涙嚢炎などに対する涙道内視鏡を用いた涙道再建手術の総手術件数は相変わらず多く、県内全域の眼科施設からご紹介を頂いている。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 95 1.83 6.63 0.00% 20.32
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 47 0.04 0.15 0.00% 4.79
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 43 1.84 5.28 0.00% 55.09
K319 鼓室形成手術 33 2.09 6.18 3.03% 48.3
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 31 1.94 5.13 0.00% 51.23
平成28年度における当科の手術対象となる疾患の主なものは、扁桃疾患、副鼻腔炎、中耳炎の3つです。最も多い手術は、口蓋扁桃摘出術(95例)であり、主な対象疾患は慢性扁桃炎、扁桃肥大です。症状は繰り返す発熱、咽頭痛、いびき、無呼吸等です。平均年齢は20.3歳であり、年齢のピークは6歳前後の就学前ですが、幅広い年齢層に広がっています。手術の主な合併症は術後出血です。手術器具の変遷により術後早期の大量出血はほぼなくなりましたが、術後5日頃の比較的後期に出血することが多いため、退院は術後6日目以降と長くなります。次に多い手術は内視鏡下鼻・副鼻腔手術です。手術をする副鼻腔の数などでⅠ-Ⅴ型に分けられます。2つ以上の副鼻腔を扱うⅢ型(43例)とすべての副鼻腔を扱うⅣ型(31例)を多く行っております。主な対象疾患は慢性副鼻腔炎(真菌症、術後嚢胞含む)です。平均年齢はⅢ型55.1歳、Ⅳ型51.2歳と高齢化の傾向にあります。最近は難治性の好酸球性副鼻腔炎の割合が多くなっており、Ⅳ型の割合が増加し、治療方針もここ数年でもかなり変化しています。また、ほぼ100%内視鏡下に手術を行っていますが、痛みも比較的少なくなり、適応疾患やバリエーションも多彩となっておりますので、以前手術を躊躇した方も一度ご相談されることを勧めます。また、早く確実かつ安全に手術を行うために、ハイビジョン内視鏡、最新のデブリッダーおよびナビゲーションシステムを導入し、手術の質向上に努めております。3番目に多い手術は、鼓膜チューブ挿入術(47例)で、主な対象疾患は滲出性中耳炎、難治性(再発性)中耳炎です。入院症例は全身麻酔下に手術を行う必要がある小児のみとなっており、平均年齢は4.8歳となっています。ほとんどが日帰り手術です。4番目に多い手術は、鼓室形成術(33例)で、主な対象疾患は、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 60 1.67 4.1 8.33% 74.87
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 46 1.33 3.13 0.00% 61.48
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 0.63 7.74 5.26% 69.66
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 36 1.36 3.72 0.00% 65.42
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 31 1.87 5.58 3.23% 72.48
K8036イ・K8036ロ:泌尿器科で最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)です。尿道から内視鏡を入れ、膀胱癌を切除します。悪性度や癌の深達度を診断し、完全に切除できれば完治することができます。開腹する必要はありません。膀胱に泌尿器科用灌流液を流しながら手術を行う膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)と生理食塩水(電解質溶液利用のもの)の2種類の方法があります。患者さん毎に使い分けています。どちらの方法も開腹しないため、短期間の入院で治療が可能です。
K7811・K7812:経尿道的尿路結石除去術は、尿道から尿管鏡を挿入して、尿管結石や腎結石をレーザーを用いて破砕し、除去する手術です。開腹せずに、結石を除去できる為、患者さんの手術後の回復も早く短期間の入院期間で退院可能です。
K783-2:何らかの原因(結石・腫瘍など)で尿管が狭くなった場合に行う手術です。狭い部分に内視鏡でステントを挿入して、尿の流れを確保します。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 166 0.33 2.23 0.00% 66.84
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 67 1.07 7.07 2.99% 71.99
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 57 0.04 2.4 1.75% 70.37
K654 内視鏡的消化管止血術 53 0.08 6.08 15.09% 72.68
K722 小腸結腸内視鏡的止血術小腸結腸内視鏡的止血術 44 0.86 6.27 11.36% 73.05
消化器内科で最も多い症例は大腸や胃や十二指腸などの早期がんや腺腫および過形成性ポリープなどの良性腫瘍に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術や粘膜切開術およびポリープ切除術など)です。出血や腸管に穴が開く穿孔などの危険性が少ないと判断できる場合には、外来治療も積極的に行っています。胃・十二指腸潰瘍出血や大腸憩室出血に対する緊急内視鏡的止血治療例も多くなっています。止血治療を要する症例では、高齢独居者や元々寝たきりであった場合が多々あり、元いた施設に戻る場合も含めて転院率が11-15%と高くなっています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 78 2.96 9.32 6.41% 71.94
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 67 0.99 2.55 1.49% 63.34
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 54 0.28 3.67 0.00% 35.87
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 46 3 12.54 23.91% 66.07
K6335 鼠径ヘルニア手術 46 1.17 2.47 6.67% 73.93
当院の消化器外科では、消化器癌の外科治療(手術)が治療の中心となるため、結腸癌(大腸癌)、胃癌(幽門側胃切除)が症例数の上位に上がります。癌の手術は術前に2~3日をかけてしっかり準備し、術後は10日ほどで退院となります。術後在院が少ないことは、術後の合併症が少ないことを反映しており、安全な手術が行われていることを示しています。当院では、より体の負担が少ない腹腔鏡下手術を導入しており術後在院日数が少ないことにつながっています。また、近年、地域の特性として手術を行う施設が減少しており鼠径ヘルニア手術や急性虫垂炎などの良性疾患を数多く手がける結果となっています。当院では癌手術のみならず全ての疾患でより低浸襲な腹腔鏡手術を導入しており虫垂炎やヘルニア手術も増加しています。ヘルニア手術では患者さんの疼痛管理に自信ができる術後2日目の退院を基本としています。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 112 1.28 4.32 1.79% 59.71
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 21 2.48 9.81 9.52% 59.71
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 13 2.62 33.85 7.69% 69.46
K7034 膵頭部腫瘍切除術(血行再建を伴う腫瘍切除術) 12 2.25 30.17 8.33% 69.5
- - - - - - -
2016年の肝胆膵外科手術は257例で、その中で日本肝胆膵外科学会が指定する肝葉切除・膵頭十二指腸切除などの高難度肝胆膵手術が75例(前年度は74例)だった。全国でも少ない高度技能専門医修練施設(A認定)の条件(1年間で50例以上の高難度肝胆膵癌手術)を十分満たす手術例数となっている。好生館は、2015年4月より日本肝胆膵外科学会が指定する高度技能専門医修練施設に認定された。また、2016年4月からは、高難度(亜区域切除以上)の腹腔鏡下肝切除を施行できる施設に認定され、安全第一として慎重に症例を重ねている。手術数257症例のうち、131症例は開腹手術で69症例は腹腔鏡下手術です。
肝胆膵内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 140 1.86 9.68 6.43% 73.42
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 98 1.14 9.34 9.18% 74.53
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 52 1.86 7.92 11.54% 73.1
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 30 0.97 5.2 0.00% 70.67
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 24 1.17 12.88 12.50% 72.38
近年、胆道および膵臓の悪性腫瘍が増加しており、また、胆石も多く、それらによる閉塞性黄疸や胆管炎に対する内視鏡的胆道ステント留置術(初回症例は内視鏡的乳頭切開後に施行)が最も頻度の高い治療です。肝細胞癌症例も依然多く、局所制御可能な症例にはラジオ波焼灼術を行いますが、比較的進行した症例が増えており、カテーテルを用いた肝動脈化学塞栓術を行う症例が多い状況です。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 32 1.28 6.34 9.38% 63.88
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない) 23 1.09 8.09 8.70% 62.96
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 18 1.28 4.56 0.00% 61.44
- - - - - - -
- - - - - - -
当院の特徴は平成14年に保険が適応になった「内視鏡手術」を取り入れていることです。早期発見ならば多くの場合、温存手術が可能です。しかし、従来の温存手術は乳がんが大きい場合、比較的大きな傷あとが残るなどの弱点がありました。内視鏡手術は、「根治性」と乳房の「整容性」を兼ね備え、創は乳輪の周囲とわきの小さな2ケ所のみ。体への負担が少なく、良性腫瘍なら日帰り手術(デイサージャリー)も可能です。当院では毎年、約半数の患者さんがこの内視鏡手術を含む乳房温存手術、残りの半数が乳房切除術(全摘)を受けられています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 17 0.20%
異なる 10 0.11%
180010 敗血症 同一 41 0.36%
異なる 23 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一 5 0.12%
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 99 0.78%
異なる - -
当館では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴