ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ヘッダー画像

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

医療情報企画戦略部

部長 原 章

部長
原 章

 蓄積されたデータの活用を急速に進め、医療の質改善、経営戦略立案に資するデータ提供と、先進的なICT化構築により、急性期医療と地域医療連携で大きな進化ができるように各部門活動の支援を行って参ります。


上級研究員 長友 篤志

研究事業内容

対外的プロジェクト

 病院の中には、非効率的業務の改善・アナログ処理業務(手作業)のデジタル化(IT)・患者様のQOL 向上・先進医療取組や研究などの課題が存在しています。このような問題を解決するには、その分野の専門企業から提供されるソリュ-ション(解決のためのシステムやサービス)により解決を図るのが一般的です。しかしながら、解決できるようなソリュ-ション(商品・サ-ビス)や知⾒がない場合、新たなソリュ-ションの共同研究開発の重要性が顕著になっています。好生館は企業・団体にノウハウを提供し、共同研究開発を進めます。

ビッグデータ解析

 院内に蓄積されたデ-タ、厚労省から定期的に公開されるデータなど医療に関する情報は増え続けています。そのようなデ-タを解析し、医療の質や経営の質、地域医療の⽅向性を改善・提言していくことは大変重要なことです。より精度の高い有用な解析データを提供し、その改善に貢献して参ります。

QIの収集実施

 医療の質の継続的改善のためにはQI(Quality Indicator︓医療の質指標)は重要なものです。好生館も、QI 測定とその改善活動を進めています。ただ、それだけでは好生館の医療の質のレベルを客観的に評価することができません。そこで、全国レベルで他病院のQI の収集を⾏い好生館の医療の質を客観的に評価できる活動を⾏っています。

ページトップへ戻る