ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ヘッダー画像

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

患者・家族の心と体支援部

部長 稲田 浩子

部長
稲田 浩子

 医療、介護、福祉のネットワーク形成、スタッフ養成、教育などを推進し、病院を離れた患者・ご家族に”自分の居場所がない”状況が生じないように支援していきます。


副部長   上玉利 由美子
上級研究員 大石 美穂

研究事業内容


患者・家族支援ツール

がん教育の研修の実施と教材開発

 がんはネガティブで偏ったイメージが今なお根付いていますが、正しい知識を知ったうえでの生活習慣を定着させるには、こどもの頃からの成人のがんの予防教育や社会教育が不可欠です。がん教育の普及啓発を目的とした研修を開催し、多職種委員による評価をもとに、佐賀県の地域特性や社会資源を反映させた教材開発に取り組みます。

  • 「がんに向き合う読本」作成、更新
  •   がんに関する様々な情報を収載
  • 「がんのこどもを支援する研修会」
  •   教職員及び支援団体対象の研修会の開催と
      PDCAサイクルによる評価の実施
  • 「がん予防ウォッチ」
  •   こどもの頃からの成人のがん予防、がんになった
      ともだちを支えることを学ぶ教室開催とPDCAサイクル
      による評価の実施
  • こどもミュージカルを活用したDVD作成
  •   ソーシャルリサーチのアウトカムを反映した
      シナリオおこし
  • アピアランスケアにかかる検討会議の開催とPDCAサイクルによる評価の実施

終末期医療への支援

高齢者の在宅療養及び受診を支援する研究

 高齢者の療養にかかる看取りについて、専門職から更に地域力を活かしたネットワーク構築を目指す研究に取り組みます。

ページトップへ戻る