本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 中央診療部門 > 人工透析室 > 透析に関する知識

人工透析室

透析に関する知識

 腎臓の働きが正常時の30%以下まで低下する状態を「腎不全」といいます。
腎不全の原因はいろいろありますが、進行性で、不要な老廃物や、水分、電解質などが体内に溜まっていきます。

急性腎不全

 急激な腎機能の低下した状態をいいます。
原因は、別の疾患、炎症、脱水、尿閉など様々ですが、適切な治療で殆どは病前の状態に戻ります。

慢性腎不全

 不可逆的に、また、進行性に、腎臓の機能が低下する状態をいいます。
年齢や性別などで個人差はありますが、血清クレアチニン値が2mg/dl以上になると腎機能が正常時の50%以下にまで低下した状態とされ、慢性腎不全と診断されます。

末期腎不全

 腎機能が正常時の10%以下になる状態をいいます。
不要な老廃物、余分な水分や電解質が血液中に著しく貯留し、尿毒症という病態(浮腫、頭痛、高血圧、呼吸苦、食欲低下、嘔気・嘔吐、全身倦怠感、夜間不眠、皮膚掻痒など)を呈します。
この状態の治療としては、透析治療か腎移植しかありません。
これらの治療法を選択しない場合、保存的治療では長期の延命は困難です。
一般的に、尿毒症で透析治療を受けなかった場合の生命予後は、数日~数週間といわれています。

透析治療とは

 透析治療とは、悪くなった腎臓を治療するのではなく、悪くなった腎臓に代わって老廃物や水分などを除去する治療です。
これには血液透析と腹膜透析があります。
当人工透析室では。主として血液透析を行っています。

血液透析とは

 血液透析とは、血液を体外に取り出し、透析器(人工の膜・透析液など)を通すことによって、血液中の不要な老廃物を取り除き、血液を浄化することをいいます。浄化された血液は再び体内に戻されます。
これを、一人の患者さんにつき、週3回、4~6時間施行します。

診療科
診療センター
中央診療部門
手術部
集中治療部
人工透析室
外来化学療法室
放射線部
検査部
病理部
感染制御部
輸血部
健診・人間ドック
禁煙外来
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想