本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療科 > 心臓血管外科 > 診療実績

心臓血管外科

 手術の内訳は、心臓大血管手術が73例、腹部末梢血管手術では腹部大動脈瘤が38例、下肢末梢動脈疾患が80例、下肢静脈瘤が99例、透析シャント手術が254例でした。上記症例の内、血管内治療としてのステントグラフト内挿術は19例、下肢静脈瘤レーザー焼灼術が90例、透析用シャント血管形成術が94例でした。血管内治療は低侵襲性に優れており、かつ患者満足度が高いので今後も継続していく予定です。また高齢者の大動脈弁狭窄症患者が増加傾向にあるのも最近の特徴です。大動脈弁狭窄症は心不全、失神、狭心痛などの症状が出現すると進行が早く、予後が悪くなります。しかし高齢の患者は手術侵襲を考慮して内科的治療になる場合が多くありました。医療技術の進歩により、狭小弁輪に対応できる新しい生体弁や経カテーテル的大動脈弁置換術の登場で、高齢者であっても手術可能な大動脈弁狭窄症患者が増加したことが要因と考えられます。診療実績に関しては、すべての症例をNCD(National Clinical Database)に入力しているので、領域別(虚血性心疾患、弁膜症、大動脈疾患など)の症例数、合併症発生率、手術死亡率(術後30日以内)などをweb上で確認できます。NCDへの入力は労力を要するがとても有用なデータであり、今後の診療にフィードバックすることができるので継続して行っていく方針です。

cardiovascular _1.JPG

cardiovascular _2.JPG

診療科
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病代謝内科
腫瘍内科
消化器内科
消化器外科
肝胆膵内科
肝胆膵外科
呼吸器内科
呼吸器外科
脳神経内科
脳神経外科
脳血管内科
循環器内科
心臓血管外科
小児科
小児外科
整形外科
脊椎外科
緩和ケア科
精神科
皮膚科
産婦人科
乳腺外科
形成外科
泌尿器科
耳鼻いんこう科
眼科
リハビリテーション科
放射線科
救急科
麻酔科
病理診断科
歯科口腔外科
診療センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想