ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

診療科案内

病理診断科

メッセージ

患者様に直接お会いすることはありませんので、病理診断あるいは病理医についてご存知ない方も多いと思いますが、病理診断科とは主に顕微鏡を使って診断を行う科です。例えば、「胃カメラをして胃癌と診断された。」場合は、胃カメラの際に医師が「癌かもしれない」と思った場所から小さな組織を採取し、それを加工し、病理医が顕微鏡で観察して「胃癌で間違いないです」と診断します。胃以外にも全身の臓器を、また癌以外にも様々な疾患を対象としています。種々の検査の中でも確度が高く、一般に最終診断(確定診断)として扱われます。正確な診断がなければ最適な治療は行えません。好生館には病理専門医が2名在籍し、日々の業務を行っています 。

医師紹介


増田 正憲

医長

日本病理学会病理専門医 / 日本臨床細胞学会細胞診専門医