佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 看護部門 > 看護部 > わたしたちの声 > 1年目看護師

1年目看護師

1年目看護師

平成28年4月に就職した看護師のメッセージです。新卒者から既卒者まで様々な背景の看護師が就職しています。

1年目看護師として

高山.JPG

4階西 高山 藍

 4月から好生館に就職してから1か月が経ちました。私は血液内科の病棟で働いています。

血液内科では、化学療法の種類や作用・副作用など学生時代では詳しく教わらなかったことを新たに勉強することが多く、まだまだ知識不足で自分の未熟さを痛感することも多いですが、先輩看護師の皆さんの丁寧なご指導のもと、少しずつ職場と業務に慣れていき、日々過ごすことが出来ています。笑顔とありがとうの多いとても素敵な職場だと感じています。

 これからも初心を忘れず、日々努力し、患者さんの個別性に応じた看護を提供できるよう頑張っていきたいと思います。

1年目看護師として

6階西病棟 山口 美紗貴

 IMG_5198.JPG好生館に就職し、約1ヶ月経ちました。6階西病棟では、脳神経外科・内科、耳鼻咽喉科の病棟で、手術前後の看護や、術後の回復に向けた看護を行っています。脳の疾患のある患者さんは、麻痺や半盲があったり、呂律障害、嚥下障害など様々な症状を抱えられています。そのため、患者さんの残存機能を活かし、自宅復帰に向けた、日常生活援助を行っています。

 また、患者さんが安全に安楽に入院生活を過ごしていただけるように、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・退院支援のスタッフと密に連携しています。働き始め、たくさんの不安や分からないこともありましたが、プリセプターや病棟スタッフで私達新人をサポートして下さり、毎日多くの学びを得ることができ充実しています。新人研修では、様々な看護技術の研修があり、知識から実践できるへとなり、自信にも繋がりました。そして、患者さんからたくさんのことを学ばせていただいています。私は、患者さんに寄り添った看護を実践できるように、これからも看護技術や知識の習得に力を入れ、一人一人に合った看護ができるように努力していきたいと思います。

就職して思うこと

IMG_5149.JPG6階東病棟 川崎 優希

 看護師として働き始めて2ヶ月が経とうとしています。私は6階東病棟で働います。6階東病棟は循環器内科・心臓血管外科の病棟です。看護師として働いていることに喜びを感じる反面、人の命に関わる仕事であるということに対し、責任の大きさや自分の未熟さを痛感しています。まだまだ知識不足で分からないことばかりですが、プリセプターさんや病棟の先輩看護師の方々に指導していただきながら日々看護を行っています。毎日学ぶことがあり、一つ一つ分からないことを克服しています。

 今後も分からないことを確実に克服していき、患者さんのニーズに沿った看護ができるよう、患者さんと目線を合わせて看護を行っていけるよう努力していきたいと思います。

 

 

就職して思うこと

池田.JPG7階西病棟 池田 優

 私は夢であった看護師になり7階西病棟に配属されました。消化器内科、肝胆膵、泌尿器科の病棟です。

検査や治療など新しいことだらけで戸惑いが多いですが、病棟の先輩看護師などに教わりながら日々頑張っています。わからないことは丁寧に教えてくださったり、とても気にかけていただき毎日働くことができています。私は笑顔が絶えず、患者さんにも安心していただけるような看護師になりたいと思っています。就職して1ヶ月たった今はまだ自分のことで精一杯でとても自分の目指している看護師とは程遠い状態なので、わからないことは聞いたり、学習していきながら知識、技術ともに成長できるように頑張っていきたいと思います。

好生館へ就職して思うこと

4階東病棟 徳島 瑠美

 IMG_5208.JPG4月に好生館へ就職し、1ヶ月が過ぎました。日々の日勤業務にも少しずつ慣れつつあります。

4 階東病棟は整形外科病棟で、手術や入退院の多い病棟です。毎日何件もの手術が行われ、手術搬入、手術後の観察を要する患者さんもいて慌ただしく1日が過ぎ ていくこともあります。同じフロアーにリハビリセンターもあり、リハビリスタッフとも情報の共有を行い、その患者さんのADL拡大へ向けての援助を行って います。

 入職してすぐの頃は今までと違う環境、スタッフに緊張と不安で毎日を過ごしていましたが、プリセプターをはじめ、病棟のスタッフの方は分からないことには何でも丁寧に指導をしてくれてるため、分からないままになることがなく確実に覚えることができています。

  病院へ入院してくる患者さんにはいろいろな状況の方がいて、身体的な苦痛の他にいろんな不安を抱えて入院をされることがほとんどです。看護師として、患者 さんの身体的な苦痛を取り除く事だけでなく、精神的な不安や心配事への配慮や気付きが出来るよう広い視野で患者さんを看ていきたいと思います。

 今まで看護師として働いてきた経験はありますが、やはり新しい環境での仕事で今までと違うやり方、不足している知識もあるため学ぶ姿勢を忘れず、1日でも早く病棟業務を覚え、患者さんへより良い看護が提供できるようにしたいです。

再就職して思うこと

IMG_5122.JPGICU 小栁 未恵

 私は、2児の母です。育児しながら県外の病院で長年勤務していました。家庭を優先したいと思う反面、育児しながらも学習出来る環境で働きたいという思いで好生館に再就職しました。再就職してもうすぐ2ヶ月が経過しようとしています。現在ICUで勤務をしています。ICUには小児から高齢者まで様々な年代の重症患者さんが入室されます。また生命維持装置などの様々なデバイスが装着した患者さんがいます。そのため常に観察や的確なアセスメントが必要となります。また、起こりうる状態変化や危機を予期した情報収集からケアが必要となります。ICUでの経験がないためやっていけるか不安でしたが、プリセプターをはじめとする先輩方が優しく・丁寧に教えてくださいます。また的確なアドバイスをいただきしっかりとサポートしていただける環境でとても心強いと感じています。そしてICUでの学習会も充実しており、学習することができる環境です。

チーム医療を提供するため医師・薬剤師・栄養士・リハビリスタッフと協力しながら、患者さんの病状回復・社会復帰を早期に考え、少しでも早く患者さんが良くなるために先輩方のように幅広い視野を持ち安全な看護を提供できるように頑張っていきたいと思います。

 病棟にも育児をしながら働いている先輩ママさん看護師が多くおられます。理解ある職場で相談も出来ます。また以前よりも時間にゆとりができ、休みの日は子供と過ごすことが出来て家族みんな再就職して良かったと思っています。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想