本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療部門 > 循環器内科 > 実施中の観察研究

循環器内科

倫理指針、当館IRBに沿って、各被験者からの同意書を取得していない観察研究を示します。

研究課題名
北部九州における心臓カテーテル検査および心血管インターベンション症例を対象とした多施設後ろ向き登録研究
研究期間
2010年1月1日から2011年12月31日
対象者
当館にて心臓カテーテル検査を施行した患者
意義、目的、方法
  心血管インターベンション(冠動脈インターベンション、末梢血管インターベンション、高周波カテーテルアブレーションなど)の適正化および新規治療デバイスの開発/評価のためには、患者背景を考慮した適応検討、適切な手技、適切な治療デバイスの使用、非侵襲的治療の併用、患者予後の捕捉、医療コストの算出などを網羅した大規模の症例登録型データベースにおける多面的な解析が必要である。
  本研究では、多様な立地条件、規模を有する多施設において心臓カテーテル検査および心血管インターベンションを試行された症例の後ろ向き登録を行い、心臓カテーテル検査および心血管インターベンションの検査報告書、造影画像データを、年齢、性別以外の個人情報を匿名化の上でデータセンターへ収集する。患者背景因子、手技情報、短期予後などの匿名化臨床情報のデータベースを構築し、その解析により、実際的に施行されている現行治療における患者背景および短期予後予測因子を検討し、長期予後とQOL、医療コストを網羅した前向き症例登録研究の基盤とする。
研究課題名
日本循環器学会循環器救急医療委員会
心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショック・レジストリー事業 (JCS-Shock レジストリー)
研究期間
倫理委員会承認後から事業終了まで(2014年4月予定)
対象者
院外発症の心臓・血管(肺動脈 大動脈)による救急初療時ショック状態を呈した患者
意義、目的、方法
①  研究の背景
1)  1年間に診療する心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショック患者は、それぞれの施設で少なく、多施設での共同研究が必要不可欠である。
2)  心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショックの転帰を改善させる対策(患者教育・病院前救護体制・救急診療・院内救急体制など)を検証し、その対策を講ずることは、日本循環器学会、特に日本循環器学会認定循環器専門医研修施設に課せられた使命であると考える。
3)  心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショックに対する診療戦略のEBM を日本循環器学会から発信し、日本循環器学会、AHA および国際ガイドラインにも大きく貢献したい。
4)  急性心筋梗塞に対する冠再灌流療法が普及したわが国では、生存収容した患者の院内死亡率は10%未満となっている。しかし、この院内死亡の50%以上は、心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショックを併発している例である。
②  研究の目的
わが国の心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショック診療の現況を検証し、心臓・血管(肺動脈・大動脈)原性ショックの転帰を改善させる対策(患者教育・病院前救護体制・救急診療・院内救急体制など)を探究すること。
③  研究方法
多施設観察研究
下記対象患者について、日本循環器学会ホームページ、心原性ショックレジストリー登録ページより連結不可能匿名化したデータを登録する。
研究課題名
心血管疾患と内臓脂肪に関する観察研究
研究期間
研究終了まで
対象者
心血管疾患を有する、もしくは有する事が疑われる患者
意義、目的、方法
①  研究の背景
1)  多くの研究により内臓脂肪と心血管疾患との関係が明らかにされている。
2)  内臓脂肪の信頼ある定量法はCTによる測定法のみである。
3)  CTによる測定は、被曝等の問題もあり、日常診療としては利用できない。
4)  デュアルインピーダンス法により内臓脂肪を非侵襲的、簡便に測定する装置が開発され、使用できるようになった。
②  研究の目的
心血管疾患と内臓脂肪の関係を明らかにすること。
③  研究方法
後ろ向き観察研究
循環器外来受診、循環器病棟入院患者について、デュアルインピーダンス法による内臓脂肪を測定し、各臨床所見、検査結果などとの関係を検討する。
データ収集項目
・  患者背景因子:年齢、性別、冠危険因子、併存疾患、喫煙状態、体重、BMI、ABIなど
・  内服薬
・  各種採血データ(クレアチニン、総コレステロール、HDL-コレステロール、HbA1cなど)
・  冠動脈疾患の病型
・  薬物療法又は心血管カテーテルインターベンションによる介入前後の心筋虚血の評価
・  心血管カテーテルインターベンション:病変成功、手技合併症(心筋梗塞、ショック、脳梗塞)
・  冠動脈インターベンション6-9か月のフォローアップ冠動脈造影検査
・  画像検査所見:冠動脈カテーテル検査、冠動脈造影CT検査、心臓超音波検査、頸動脈エコー

 

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想