佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 看護部 > 看護部 > わたしたちの声 > 看護補助者

看護補助者

 看護補助者は、医療・看護の現場で、患者さんの生命に直接かかわりのない範囲で看護師業務のサポートを行い、医療チームの一員として大切な存在であるとともに、患者さんにとって身近な存在です。

病棟クラーク

 入退院に関わる業務や患者さん家族への対応などを行います。
 病棟の受付として、いつも真心をこめた明るい笑顔を心がけています。患者さんやご家族、スタッフの方達と接する時は常に「有り難うございます。」という謙虚な姿勢を大切にし、平和で穏便なコミュニケーションがとれるように努めています。

 

看護助手

 患者さんの生活環境の整備や日常生活の世話などを行います。
 看護助手は主に患者さんの身の回りの世話や、お手伝いをしています。毎日の業務とケアの中で少しでも看護師や患者さんの役に立てるように努力しています。患者さんだけでなく一緒に働くスタッフが笑顔になるよう明るく元気な姿を常に心がけています。

 

院内ポーター

 看護や患者さんの診療に関わる物品などの搬送などを行います。
 私の仕事は「院内ポーター」と言われる業務で、主に検体の回収・薬剤・物品の搬送等を行っています。私達が円滑に業務を行う事で、少しでも医師及び看護職員の負担を減らす事が出来れば、「最良の医療を目指す」と当院の基本理念に繋がっているのだと思っています。医療を支える一員としてやりがいのある仕事です。

 

病棟保育士

 入院している子どもの発達段階や病状に合わせ、絵本の読み聞かせや遊びを提供し心身のケアや家族支援などを行います。
 病棟ではプレイルームや病室で、絵本の読み書せや折り紙工作など、子供たちの成長発達や病状に合わせた保育をしています。また看護師と協力し、夏祭り・ハロウィン仮装・クリスマス会などの催し物を開催しています。日々、入院中の子供たちや家族のストレスや不安を和らげることができればと思い関わっています。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想