佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 看護部 > 看護部 > わたしたちの声 > プリセプター/プリセプティ

プリセプター/プリセプティ

 新人看護師には、1年間を通し相談相手となるプリセプターを配置しています。看護技術を一緒行い、わからないことを相談するなど、共に成長していきます。

6階東病棟

 

プリセプティとして

 入職してから現在まで、プリセプターをはじめとする先輩方に支えて頂きながら、日々看護を学んでいます。自分の知らない知識や技術も多く、難しく感じることもあります。先輩方の温かい御指導のもと少しでも成長していけるよう、患者さんの笑顔を励みに1日1日を大切に頑張ります。

プリセプターとして

 循環器病棟で働き始めて3年が経ち、徐々に患者さんの個々に沿って看護ができるようになってきました。しかし、私もまだ3年目であり知識や技術が乏しい中プリセプティへ十分な指導が行えるか不安ですが、プリセプティと一緒に成長し精神的にもサポートできるように頑張ります。

4階東病棟

 

プリセプティとして

 入職し早半年が経ちました。まだまだ分からない事ばかりですが、先輩方にアドバイスやフォローして頂きながら笑顔を忘れないように頑張っています。特にプリセプターにはとても相談しやすく、親身になって話を聞いてくださいます。ゆっくりですが日々様々な事を学ぶことができ、とても充実しています。

プリセプターとして

 看護師4年目となり、先輩から学んだことを後輩に指導する立場となりました。その中でプリセプターという役割を担うようになり教えることの難しさと自分の未熟さを痛感しています。プリセプティと共に成長する機会であり日々の学びを大事にしています。不安と緊張でいっぱいだった新人の頃を思い出し、精神的なサポートも行って行きたいと思います。

手術部

 

プリセプティとして

 好生館の手術部で勤務し始めてから約半年がたちました。毎日様々な手術を安全に、患者さんが安心して手術を受けられるためにはどう関わると良いか自問自答しながら業務に励んでいます。  知識・技術共に未熟ですが、プリセプターを始め先輩方への報告・連絡・相談をしっかり行いながら努力していきます。

プリセプターとして

 自分のプリセプティ時代を振り返り、どのように教えたら理解しやすいだろうかと日々考えています。手術室看護師として、患者さんが安心して手術を受けるための援助や、手術が円滑に行えるための知識・技術をプリセプティと共に学び、成長できるよう努力していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想