ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

診療科案内

肝臓・胆のう・膵臓内科

多職種連携で患者さんをサポートします

当科では、肝疾患(肝癌、急性/慢性肝炎、自己免疫性肝疾患、脂肪性肝疾患など)、胆道疾患(胆道癌、急性胆嚢炎、急性胆管炎、総胆管結石、閉塞性黄疸など)、膵疾患(膵癌、急性膵炎など)の診療を行っています。スタッフ5名でフットワーク軽く、積極的かつ着実に診療にあたっています。肝疾患については、外来、病棟などに佐賀県の講習を修了した肝炎医療コーディネーターが複数おります。がん治療方針決定に際しては、肝胆膵外科/放射線科と合同カンファレンスを行い、ベストな治療方針を提案しています。また、膵癌・胆道癌教室を月1回実施し、肝胆膵内科医師、緩和ケア科医師、看護師、薬剤師、栄養士、がん相談支援センター相談員が、患者さんとご家族が安心して治療に臨まれるようサポートしています。入院中には理学療法士、MSWとも連携し、患者さんが元気に退院できるよう支援しています。

医師紹介


中下 俊哉

医長

日本内科学会認定内科医 / 日本消化器病学会消化器病専門医 / 日本肝臓学会認定肝臓専門医 / 日本消化器内視鏡学会専門医 / 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

古賀 風太

医長

日本内科学会認定医 / 日本消化器病学会専門医 / 日本肝臓学会認定肝臓専門医 / 日本消化器内視鏡学会専門医

村山 賢一郎

医師

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医 / 日本消化器病学会専門医 / 日本肝臓学会専門医 / 日本消化器内視鏡学会専門医 / 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

川添 夕佳

医員