ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

診療科案内

小児外科

メッセージ

小児外科は、小児(0〜15歳)の外科疾患を治療する診療科です。もともとは一般外科の小児部門から特化した診療科ですので、消化器外科や呼吸器外科で治療するような病気が主ですが、泌尿器科や産婦人科が治療するような外科的疾患も小児であれば、当科が担当することがあります。
当科は今年度から部長(小児外科指導医)、医長(小児外科専門医)、医師(外科専門医)の3人体制となり、診療体制が強化されました。当科では鼠径ヘルニアや急性虫垂炎のほぼ全例を腹腔鏡下に手術しており、すべての手術できれいで痛くない傷、お腹の空かない術後管理を目指し、患者さんとご家族が少しでも早く日常生活に戻れるよう心がけています。

医師紹介


竜田 恭介

医長

日本外科学会指導医 / 日本小児外科学会専門医

中林 和庸

医師

日本医師会認定産業医 / 日本外科学会外科専門医 / 日本腹部救急医学会 腹部救急認定医