ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

診療科案内

消化器内科

診療実績

過去10年間の消化管内視鏡検査数(治療内視鏡件数)

粘膜下層剥離術(ESD)、粘膜切除術(EMR)、ポリープ切除術、食道静脈瘤結紮術、食道静脈瘤硬化療法、内視鏡的止血術、経口内視鏡的筋層切開術(POEM)など

  上部消化管内視鏡(治療数) 下部消化管内視鏡(治療数)
H22年度 3858例(557例) 1551例(315例)
H23年度 3995例(646例) 1609例(335例)
H24年度 4084例(611例) 1722例(392例)
H25年度 4214例(722例) 2016例(584例)
H26年度 4514例(854例) 2166例(570例)
H27年度 4810例(969例) 2289例(750例)
H28年度 4548例(918例) 2170例(908例)
H29年度 4443例(859例) 2175例(952例)
H30年度 4662例(936例) 2138例(1145例)

2001年度から2019年度までのESD実績

  • 症例数:2407例(食道:183例 胃:1812例 十二指腸:18例 大腸:394例)
  • 一括切除率:2232例(92.7%)
  • 平均腫瘍径:19mm(1mm~85mm)
  • 平均切除径:38mm(5mm~120mm)
  • 穿孔:47例(2.0%)
  • 遺残・再発:22例(0.9%)
  • 輸血例:18例(0.7%)
  • 追加手術:94例(3.9%)
  • 死亡:1例(0.042%)